買ってはいけない土地と家!不動産屋から聞いた誰も教えてくれない将来売れない4つの条件

土地探し・防災防犯

こんにちは、こりすです。

今回は、かなりセンシティブな内容です!!

ちょっと「買ってはいけない理由」が他のサイトではあまり書いていない内容で、私も書いていいものか悩みました。

今までに書いたハザードマップや災害系とはまたちょっと毛色が違います。

でも、私は担当してくれた不動産屋の人が東京出身ではないのにかなり勉強熱心な人だったおかげで、土地を買う前に運良く知ることができました。

もし知らなかったらそのまま買っていたかもしれません。

それからは「土地探し」の仕方がかなり変わりましたし、知ってよかったと思っています。

今回書く内容はかなりセンシティブな内容というか、人によっては読んでいて気分を害してしまう方もいるかもしれません。

なので、もし途中で「嫌だな」と思ったらそこで読むのをストップしていただいて構いませんm(__)m

これは私が実際に土地探しをしていた時に出会った「買ってはいけない土地」です。

【スポンサーリンク】

買ってはいけない土地=今後売りにくい土地

まず、私がいう「買ってはいけない土地」というのは、

あくまで「今後売りにくい土地」「価格が下がりやすい土地」

という意味で書いています。

 

なので、そこに永住するつもりで買っている人には当てはまらないかもしれません。

もし、

  • 今後住み替えるかもしれない
  • 万が一離婚した時売りやすい方がいい
  • なるべく売れるような土地を買っておきたい

という土地を前提に考えている方は見ておいて損はないと思います。

 

私は最初土地探しをハウスメーカーにお願いしていました。

ハウスメーカーの人は「家」を建ててなんぼなので、正直土地自体はあまりちゃんと知らないというか

ハウスメーカーによっては「不動産部門」みたいなのがあるところもありますが、でもやっぱり「土地探し」に限っていうとやはり「不動産屋」の知識には及びません。

 

ただ注文住宅を作るうえでは、この不動産屋も「家作り」に関してはどうでもいいところなので両方の意見を聞きながら土地を選ぶのがいいかと思います。

 

なぜなら、私がいう「買ってはいけない土地」をハウスメーカーに勧められたからです。

 

まず、あなたが欲しいと思っている地域や土地はあなたが昔から住んでいたりして知っている土地でしょうか?

もし例えば違う県から引っ越すとか、私のように神奈川出身で東京に家を買う!とかの場合はしっかりと土地のことを調べる必要があります。

周辺の土地と比べて「安めの土地」だったならば注意が必要です。

買ってはいけない土地ケース①

まず、調べて欲しいのがあなたが欲しいと思っている地域や駅、住所の周辺で

「有名な殺人事件」がおきていないかどうかを調べてください。

 

私が最初の頃調べてた駅は比較的人気もあって、土地の価格も高く、

ハウスメーカーさんも「ここらへんの土地は人気ですからね〜」と言っていました。

しかしその土地周辺で昔、

一家惨殺事件が起きていました。

 

土地勘のある人だったら、ネットなどの情報を見て

「あ〜あの辺かな?」と場所がだいたい分かるでしょう。

でも他の土地からくると分からないですよね。

しかもちょっと安かったら「お!」なんて思ってしまいます。

 

担当してくれた不動産屋の営業マンのSさんいわく(今度から長いのでSさんって書きます)

「その事件のあった住所と同じ住所は売れにくい」んだそうです。

やっぱり事件のイメージが強いので、知っている人からは嫌がられるそうです。

 

同じ駅だったとしても、違う住所(例えば目黒区◯◯←この◯◯の部分が違う)とかだとまだいいそうです。

むしろそちらの住所で人気の学校があったりすると関係ないそうです。

【スポンサーリンク】

買ってはいけない土地ケース②

これは本当にわたしは知りませんでしたし、今でもそういうことがあるのだと思ったことだったのですが・・

その欲しいと思っている土地が「◯◯地区」でないかどうかを確認してみてください。

(あまりにもセンシティブな内容なのと、わたし自身あまり知識がないため◯◯地区と書かせていただきます。下に参考リンクを貼っておきます。)

もともと差別をされていた地区かもしれないということです。

今では「気にしない」という人がほとんどだと思いますし、「そもそも知らない」という人がほとんどでしょう。

ですが、気にする人は気にします。

お子さんがいる人はとくに、知らずに引っ越してその土地名を言って変な顔をされたりなどしたら・・。

そう思うと、わざわざその土地を買う必要はないんじゃないか?と思います。

かといって住んでいる方達を変に見るということはないですが。

あと昔から水害などの多い場所であったり、駅から遠い場所も多いので、

その点でも売りにくい要素になってしまうと思います。

学校の教育面についても、荒れている学校であったりあまり評判のよくない学校が多いそうなのでしっかり調べる必要があるかと思います。

買ってはいけない土地ケース③

3つ目のケースですが、土地周辺に暴力団の施設や宗教施設がないかどうかを確認してください。

名前は言いませんが、ここでいう宗教施設とは、

問題を起こしたことのある宗教団体のことです。

殺人事件などをおこしたことのあるような宗教団体の本部や施設があるところは、将来家を住み替えたいとなった時に売りづらくなってしまうので避けた方が無難です。

 

買う立場になった時に、

「◯◯駅に(宗教団体)の施設があるらしいよ」って聞いたらその駅自体を避けますよね。

そうするとやっぱり売る時は相場よりも下げた価格で売りに出すことになるんじゃないかなと思います。

 

実際、私が土地を探していた時に

「◯◯駅らへんってどうですか?」とSさんに聞いた時に

「その駅は◯◯◯の施設があるので・・」と言われ、

その瞬間に候補から外しました。

 

あとからその施設が出来てしまったのなら仕方ないですが、

これから買う時にはわざわざ選ぶ必要はないと思います。

買ってはいけない土地ケース④

これは分かりにくい、調べにくいかもしれないですが

その駅周辺が「ゴーストタウン」になっていないかどうかを確認してください。

だいたい土地開発とかは沿線開発とかで、◯◯電鉄とかが行ったりしますが

それが失敗しているケースがあります。

わたしも全然知らずに◯◯ニュータウンを調べていた時期もありました。

新興住宅地だからキレイそうだし、これからショッピングセンターもできるみたいだし!と。

でもハウスメーカーの人に聞いても、

「多分こりすさんの望んでいる感じとはちょっと違うと思いますよ・・」との反応。

なんだろうな〜?とりあえず今度見に行ってみるか〜なんて思っていました。

でもめんどくさくて見に行っておらず、

Sさんに「◯◯駅とかその沿線ってどうなんですか?なんかちょっと安いっぽいんですけど」

と聞いてみたところ、

「あ〜あそこですか。ゴーストタウンって知ってます?」と。

住む人も商業施設も減っていってるし、将来売り手がつく可能性は低いのでやめておいた方がいいですよとのこと。

自分の世間知らずさに驚くばかりです。

【スポンサーリンク】

最後に

今回は「買ってはいけない土地」でも、今まで誰も教えてくれなかったこと4つを紹介しました。

ブログに書いていいものなのか悩みましたが、わたし自身土地を買う前に「知ってよかった」と思ったので書くことにしました。

やっぱり、土地や不動産て「安いのには訳がある」ものなんだなと思いました。

逆を言えば、「人気の学校の学区」とかであれば値段は高くなっているかもしれないですが、

どの年でも人気があるので将来売りやすいでしょう。

こりす家もSさんにすすめられた土地(学区)にある学校を調べたら、「学区外でも行きたい」と言われている学校でした。

ただやはり同じ駅でも違う学区の土地より値段は高かったです。

もしあなたが「お手頃でいいな」と思って気に入った土地があったら、

もう一度土地周辺のことを調べてみるのをおすすめします。

ちょっとディープな情報が知りたい方はこちらのサイトがおすすめかと。

首都圏街歩きサイト
「東京DEEP案内」

姉妹サイトの
「首都圏住みたくない街WEBバージョン」もおすすめです。

なんか今回の記事ホラーっぽくなってしまいました😓

でも、土地や家という大きな買い物ですから、慎重に!

 

ブログランキング参加しています!応援よろしくお願いします( ´ ▽ ` )ノ

にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク