地盤の強さや揺れやすさを調べる方法!地震に強い家を建てたい!

土地探し・防災防犯

こんにちは、こりすです!

今回は前回に引き続き、「安全な土地」を選ぶためのサイトなどを紹介したいと思います。

前回のはこちら↓

前回は標高や洪水ハザードマップ、土砂、津波の危険度を見るサイトを紹介しました。

今回は、わたしが一番多くの時間を費やした「土地の地盤の強さ」を調べるのに便利なサイトを紹介したいと思います。

【スポンサーリンク】

土地の強さ(固さ)や揺れやすさを調べる方法

やっぱり家を建てるなら、できれば地盤が強い・固いところがいいですよね。

その方が家も揺れにくいですし、いくら頑丈な家を作っても地盤がグラグラでは難しいですよね。

そこで私がおすすめの地盤を調べるサイトを紹介します。

地盤の種類・揺れやすさを調べる

こちらは防災科学技術研究所「地震ハザードステーション」をもとに分かりやすく作られています。
http://www.asahi.com/special/saigai_jiban/

真ん中の「住所検索」のところに住所を入れると、その土地の地盤の種類と揺れやすさ(固さ)が分かるようになっています。

 

マンションなんかでは埋立地とかでも杭をかなり深くまで杭打ちしてるから大丈夫!とか、特にタワーマンションとかだとかなりしっかり作られてるから大丈夫!と言われてますよね。

 

でもこりす的には災害が起きる度に「予想以上」「想定以上」という言葉が出るので、やっぱり地盤自体はしっかりしているとこの方がいいな〜と思うのです。

 

余談ですが、タワーマンション系はかならず「制震」「免震」どちらもしっかりと行なっているマンションの方がいいらしいです。(とある不動産屋さんが言っておりました)

 

地震の揺れに対して、家の中のものが倒れなかったり振動を建物自体に伝えない!というところで、制震、免震、耐震の中で「免震」は一番優れているそうなんですが、

 

建物自体が揺れに耐えられる設計になっていないと、免震で揺れを逃したとしてもその揺れ自体に建物が耐えられなくなってしまうそうです。

 

まぁ、普通に想像してみてもあんな大ーーーきなマンションがものすごい地震がきて揺れに揺れまくってたら長細い建物ですから負荷がものすごそうですよね。

 

それにプラスして制震ダンパーとかで揺れ自体を吸収してくれるものがあった方がそりゃ安心!

↓こちらが耐震、免震、制震の違いです。

<耐震構造>
壁や柱を強化したり、補強材を入れることで建物自体を堅くして振動に対抗する。

<制震構造>
建物内にダンパーと呼ばれる振動軽減装置を設置し、地震のエネルギーを吸収。建物に粘りをもたせて振動を抑える。

<免震構造>
建物と地面の間に免震装置を設置。建物を地面から絶縁して、振動を伝えない。

参照:スーモジャーナル

ちなみに、こりす家はタマホームで家を建てることにしましたが、タマホーム「大安心の家」では無料の選べるオプションがあって

その中に制震ダンパーが2コ付けらるっていうのがあったので

制震ダンパーをつける予定でいます。

もし建設中に写真とか取れたらアップしたいと思います。

地盤のことなら何でも調べられるサイト

この「地盤安心マップ」は本当にこんなことも調べられるの?!ってくらい調べられるのでとても便利です。

私はおもに活断層、液状化、地盤改良が必要な場所か、災害履歴、旧版地図なんかを見てました。

液状化の情報を見る時は「利用上の注意」に同意する必要があります。

要は、これはあくまで予想図であって、断定するものではないですよ!ということが書いてあります。

そして、右にある「予想図+主題図」というのを選ぶと、明治や昭和のころの水系図を見ることができます。

明治、大正、昭和ってところです。

昭和の水系図(東京)↓

ちょっと見にくいんですが、青いところが昔海だったところです。

緑色は水田ですね。

なんか、分かってはいても見るのにけっこう覚悟がいりますね。

あと活断層に関しては「地震ハザードステーション」でも見ることは可能ですが、日本地図が真っ赤っかになっていたので見るのやめました(笑)

これを見ると、日本から脱出するしかないなと思わされます(^^;

ちなみに、旧版地図は他のサイトでも見ることができるのでそちらもご紹介します。

私はどちらかというともう1つの方の昔の地図を見ていました。

昔の地図が見れる「今昔マップon the web」

こちらの↓「やさしいデジタル地図」では、明治後期行こうの古地図と、アプリにはなりますが江戸時代(東京のみ)を見ることができます。

 

URL https://sites.google.com/site/dejichizu/home/edo

この「今昔マップon the web」というところをクリックすると↓

こんな感じで左右で見比べるようになっています。

指しているカーソルが左右連動しているのでとっても見やすいです。

私は前に違うサイトで古い地図だけを見ていたのですが、住所も違っているところとかあるし、見にくくて途中で見るのをやめてしまいました。

今と昔を比べられるのはとても楽で見やすいです!

あと、こちらのサイトでもホームで「災害危険度をみたい」というところをクリックすると、それらの情報が見れるサイトのURLがまとめて紹介されています。

最後に

地盤の強さや災害履歴など見始めると、土地なんていつまでたっても買えないじゃないか・・という気持ちになる時もありますが、

でも知っていて買うのと、まったく知らずに買って後からびっくりするのでは全然違ってくると思うんですっ!

地盤があまり強くない地域だったら、少しでも「家自体の耐震制度を上げよう!」とか、

標高があまり高くないなら「その地域でできるだけ高台を選ぶようにする」とか、「盛り土をして少しでも高くしよう」とか、

私は建築関係にいたわけでも不動産屋にいたわけでもないので素人考えですけど(^^;

でも、「一人ひとりが防災意識を持つ」っていうのは大事だと思いますし!

まぁ、予算によって出来ることと出来ないことはあると思うんですけどね。

もしこの記事が参考になれば嬉しいです!

 

ブログランキング参加しています!応援よろしくお願いします( ´ ▽ ` )ノ

にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク