そこは買ってはいけない土地だった!ハザードマップだけじゃない防犯面を見るポイントは?

土地探し・防災防犯

こんにちは、こりすです。

土地探しって、探している時は本当に大変だし途方にくれるし、

「本当、いい土地って少ない」ってことを思い知らされます。(もちろん値段や条件の揃った自分にとって!という意味ですが)

そしてわたしのように初めて土地探しをする人が多いと思うんですけど、「買ってはいけない土地」のポイントって知りたいですよね。

だって失敗はしたくないですからね!

不動産屋さんはハッキリ言ってだいたいの人が「いいこと」しか言いません。

だいたいっていうのは、こりす家が買った土地を教えてくれた不動産屋の営業マンさんはかなりぶっちゃけたことを教えてくれた人でしたし

なかには良心的な人もいるかなと思うので一応。。

今回は、こりす家が土地探しを始めたばかりのころの実際の話なんですけど

わたしはハザードマップとか標高とかめちゃくちゃ調べるタイプでして

 

最初のころはとにかく『高台こそ正義』くらいに思ってたので(笑)

とにかく標高が高いところばかりを探していました。

【スポンサーリンク】

土地の条件は理想的!でも買ってはいけない土地だった!


土地探しを始めたばかりの頃は直接不動産屋には行かず、家でネットばかり見ていました。

そして、見つけたんです「理想の土地✨」を❗️

 

だがしかし❗️❗️

 

そこは「買ってはいけない土地」でした😱

なんで買ってはいけない土地いかっていうと、

 

『防犯面がめちゃくちゃ危ない土地』だったんです❗️❗️

 

本当に、不動産屋さんと土地を見に行った時に

 

「子供を一人で歩かせたくない😵」って思いました。

 

他にも買わなくてよかった〜というポイントがあったんですけど、それは後ほどまとめてお伝えしますね!

この頃は

「お金持ちは高台に住んでるんだから、高台は安全!安全な高台がいい」

をモットーに(笑)

毎日、地図とハザードマップと災害の歴史とか色々見ていました。

 

すると、神奈川県の小田急線沿いの某駅の「標高」がめちゃくちゃ高い!

ということが分かりました。

 

そこは駅周辺も栄えているし、標高も高い。

 

場所が絞られたので、その周辺を見ると

 

「めちゃくちゃ高い😓」。。

 

120平米の家を建てれるような大きい土地とかになってくると、土地だけで8千万以上とかでした。

 

そこで、その駅自体に住まずとも「2、3個となりの駅」とかでもいいんじゃないか?

ということで見てみたら、

  • 高台
  • 平米数申し分なし
  • キレイな整形地
  • 周辺環境も良さそう(ネットの写真だと)
  • 駅も少しだけ栄えてそう(ネットの写真だと)
  • 値段もいい感じ
  • 駅から14分(まぁギリギリ歩けるかな)

理想の土地っぽくないですか?

ちょっと駅から距離ありますが。

問題なく駐車場も作れるし、都内までは電車で30分くらいです。

さっそく不動産屋さんに電話して見学のアポを取り、その日はわたしの母も来れるってことで一緒に来てもらいました。

キレイな整形地!でも全然人が歩いていない!

不動産屋さんに着いて、一通り自分たちの希望の条件とかいろいろ話して車でさっそく現地に出発しました。

実はこの不動産屋さん、本当にびっくりするくらいハッタリかます営業マンがいたんですけど(笑)長くなるので今回は割愛します。

現地に向かっている途中、

「やたらと坂が多いな〜🎢」

と思っていましたが、その時はそこまで気にしてませんでした。

そして現地につくと、まだ家が建っていない整形地の高台なので

ほんと気持ちがいいくらい見渡せるというか、よく家のCMとかであるような

 

「きれいな空☀️」

「ちょっと広めの道路」

 

ここに家が建ったら日当たりもよくて風も通って気持ちがいいだろうな〜って感じでした。

 

こりすの旦那は盛り上がっちゃって、

「もうここに決めようか!」なんて言ってました。

 

でも、「なんか違和感を感じる」んです。

 

あまりにも「しーーーーーーん」とし過ぎているんです。

 

母親は気付いていたみたいで、

「ちょっと、このへんやたらと静か過ぎない?」と何度も言っていました。

 

これは今までの住んでいた環境とか地域によっても変わってくるかもしれないですが、車の通りが少なくて静かなところでも「生活音」みたいなのとか「気配」とか、

街中で犬の散歩している人とか、買い物帰りのママさん達の声とかそういうのってあるじゃないですか。

ぜんぜん感じられないんです😑

 

そしてしばらくしたら、一人のランドセルをしょった男の子が一人テクテク歩いてきて、きっと小学校からの帰り道に使われる感じの道路だと思うんですけど

ポツリポツリしか小学生が歩いてない。

 

ちょっと気になったので、車で小学校までの道のり(通学路)を走ってもらいました。

すると通学路は住宅街の中を行くんですけど、

 

  • 曲がり道だらけ
  • 細い道の死角がある
  • 公園あり
  • 坂あり

 

しかも、「人がまったく歩いていない」

 

曲がり道って死角になるし、こんだけ人が歩いてなかったら誘拐とかされても気づかれにくいだろうなって感じの道。

しかも公園ってよくベビーカー連れたママたちがいたりとか、犬の散歩しているおじさんとかいるじゃないですか。

いないんです!!

 

こんな誰もいない公園で遊んだりしたら、見張っている大人もいないし、公衆トイレなんかも密室だし怖くてしかたない。

とりあえず家から駅までの道も見てみるってことで、いったん土地までまで戻って駅に向かいます。

 

すると、土地が高台になっているのでしょうがないんですが、

 

ずーーーーーと長い下り坂。

 

これ登るって考えたら恐ろしい。雪が降ったら転げ落ちます。

 

そしていったんトイレ休憩のために一番近くのコンビニに寄ったんですが、

 

なんか暗い🤔??

 

よく見るとコンビニの裏に小さな川が流れていて、ちょっと不気味(笑)

 

しかもさびれたコインランドリーがあったりして、さらに不気味さが増している(笑)

 

コンビニってなんか、見るとホッとする場所っていうか

 

冬の帰り道にコンビニがあると、ちょっと温かいものでも飲みながら帰ろうかな〜とかとりあえず寄りたくなるもんじゃないですか。

 

ここのコンビニは違うんですよね😅周辺が不気味すぎる(笑)

 

【スポンサーリンク】

道路の脇に林🌲と階段が!

 

とりあえずまた駅に向かおう!ってことで向かうと、

 

幹線道路の脇にとてつもなく広い林🌲が❗️❗️

しかもが階段ついてる場所がある❗️❗️

 

思わず不動産屋さんに、

 

「ここの道って必ず通らないといけないんですか?」って聞いちゃうくらいの林。

 

幹線道路の通りだから大丈夫って思いがちですけど、車に乗ってる人って別に歩いている人のことあんまり見ないですよね。

見てもすぐ通り過ぎちゃうし。

 

しかもそもそも人通りが少ない。

林の中に入るための階段が道路わきに付いている。

 

「ここの道で誘拐できますよ〜〜!」って言ってるようなもんじゃないですか❗️

 

この道を娘に一人で歩かせたくない!って思いました😣

 

写真でいうと↓②そのまんまって感じでした。

 

「子どもを連れ去りから守る「犯罪者の好む場所」の見分け方」
◎プロフィール
立正大学文学部教授・小宮信夫さん。法務省の研究所や国連の研修所などを経て現職。「地域安全マップ」の考案者。全国の自治体などに、子どもの防犯アドバイスを行う。『犯罪は予測できる』(新潮新書)ほか著書多数。

犯罪者には好きな場所と嫌いな場所がある。それを子どもにしっかり教えておけばいい。“自分が今どこにいるのか”と周りの景色を見渡せば、そこが危険な場所なのかがわかる。

「もし犯罪者の好む場所だったら“この人は自分を狙っているかも”と推測し、警戒できる。8割の犯罪はそれで防げます」(小宮教授)

是非こちらの記事↑は読んで欲しいなと思います。あまり長くないのでサッと目を通せます。

「子どもを連れ去りから守る「犯罪者の好む場所」の見分け方」

小宮信夫教授はくりーむしちゅーが出ている「世界一受けたい授業」などのテレビでも解説されている方です。

この記事は家に帰ってから見たんですが、本当に

「あの土地買わなくてよかった」と思いました。

【小宮信夫教授の本↓】

 

ちなみに、その土地は②だけでなく①のような場所もありました。

帰りの車中では、旦那は「大きな家が建てられる」とけっこう買う気満々。

しかしわたしと母は「なんか微妙」「大人でも夜一人で歩くの怖そう」とかマイナスなことばかり言ってました(笑)

 

ここの土地の他のマイナスポイントは、

  • 子供連れをあまり見かけないので、ゆくゆくゴーストタウンになるのではないか(坂道が多くて歳経ったらみんなマンションに引っ越しそう)
  • 戸建ばかりでマンション少ない(年寄りだらけになりそう)
  • 駅から家までの道のりで、5分くらい続く坂道がある(ベビーカー怖い)
  • 思ったほど駅があまり栄えていない(これは不動産屋に贅沢だと言われました笑)
  • コンビニの周りが薄気味悪い(そう感じたのですから仕方ありません)
  • 今後の駅周辺の計画が微妙(これからもっと栄えることはなさそう)

こうなると、もし住み替えたいってなった時に

 

『売りづらい』ですよね。

 

家や土地は資産になるとは言ったって、売れなければ意味がありません。

ここの家だと車で移動は必須です。

 

でも、自分たちが歳をとった時に運転はできないですよね。

 

そうなると、やっぱり歳とったら駅から14分でそのうち5分以上坂道があるようなところには住めないのでマンションに引っ越すことになりますよね。

 

でもどんどん人口が減っていて家が余るって言われているのに、ここの土地が何十年か後に売れるのか?

 

わたしはNOだと思いました。

 

不動産屋の事務所に戻ったら、一緒に同行した不動産屋のお兄ちゃんではなくハッタリかます営業の人がでてきて

 

「じゃ、決めましたよね?」

的なノリ。

 

旦那も買う気あり。

 

私は本当に嫌だったんですけど、でも「大きな家」は欲しい。

 

「ここの土地は人気があるので、次の土日にはなくなると思いますよ!」

と営業かけてきます。

かなりのプレッシャー😅(笑)

 

でもわたしの母は同じように思っていたみたいで、

「お母さんだったらこの土地買わな〜〜い!」と軽快な感じで言ってくれていました。

 

私からしたら唯一の味方!(笑)

 

そしてわたしが「嫌だ」と思う理由をさんざん述べ、でも買う気がある旦那の手前

「じゃあ、明日もう一度今度は車ではなく歩きで、駅から土地まで歩いてみてから決めます!」と言ってその日は帰りました。

 

そして帰りに母と旦那と3人でお茶しにお店に入り、わたしの気持ちを全部話しました。

そしたら旦那も

「なんか俺も嫌になってきたかも」と洗脳され(笑)

次の日の約束はその場で連絡して断り、今回はナシで!という感じでおさまりました。

 

最後に

母が来ていなかったら、

「旦那は買いたがってるし、土日は売れてしまうかもしれないし」みたいなプレッシャーで申し込みをしていたかもしれません。

 

でも、その土地

今だに売れずに残ってます😅

あれから6ヶ月くらい経ってます。あせって買わなくて正解でした。

そもそもそんなにいい土地ならネットに載る前に売れてますからね。

 

「すぐ売れちゃうよ!」っていうのは本当の時もありますが、不動産屋の常套句でもあるので

「なんかちょっと」って思うところがあるなら、

もう少し「ここだ!」って思えるまで探してみた方がいいのかなって思いました。

 

実際、「この土地を逃したらいい土地とは巡り会えないんじゃないか?」って思いましたが、

無事土地を買うことができています。

(まだ住んでないのでちゃんとは分からないですが、見に行ったところよりは全然いいです)

 

静かなところがいい!っていう人もいたりして好みもあるのでなんともいえませんが、

こりす家のように小さな子供がいる30代の夫婦には合わなかったかな〜と思います。

 

そしてそして、次の日になんか気持ち悪い土地だったな〜と思っていろいろググってみたら、

実は有名な心霊スポットとか点在するような土地だったんです😱😱

 

マジで、ビビりました😭

 

検索しなきゃよかったと思うくらい色々でてきて、そういうのが好きな人たちからしたら有名みたいです。

おかげで検索したあとは一人でお風呂に入るの怖くなったりして大変でした😓

 

あの「なんか薄気味悪い」っていうのはこういうのもあったのかもしれません。

地元の土地だとある程度の情報って知っていると思うんですけど、知らない土地の場合はネットでいろいろ調べた方がいいです!本当に!

実は「その土地についていろいろ調べる」っていうのは、今の土地を買った不動産屋さんから教えてもらったことでもあります。

いろいろっていうのは長くなるので、また違う記事で書きたいと思います。

 

幽霊系苦手な方には最後に変な感じになってしまって申し訳ないです🙏

でも、ちょっと違和感を感じる!

ていう時はあとあとまで引きずると思うので、他の土地も見てみたほうがいいんじゃないかなと思います!

 

ブログランキング参加しています!応援よろしくお願いします( ´ ▽ ` )ノ

にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク